NCIS:NAVY DATA ROOM

砂漠の捕虜 (Truth or Consequences)

シーズン 07 エピソード 01 通算 第139話
  • トニーは監禁され、サリーム・ウルマン(Saleem Ulman(オミッド・アブタヒ(Omid Abtahi )))に、全てを話しもらうと自白剤を注射される。
  • トニーは本能で必死に抵抗するが、身分や任務などを少しずつ話し始める・・・。
  • ダッキーは捜査に欠かせない存在、博識で頭の回転がよいが、舌もよく回る。(トニー談(自白剤効果))
  • サリーム・ウルマンはアメリカでの大学時代からカフェインを摂取、感覚が鋭く研ぎ澄まされると言う。
  • ヴァンス局長は一部から嫌われ、疑われて交代を望まれている。(トニー談(自白剤効果))
  • アビーは矛盾と謎に満ちた女で、夜は棺の中で眠る世界一明るいゴス系 。(トニー談(自白剤効果))
  • トニーはジヴァから音沙汰がない、一度も連絡がないのは普通ではないと言い、縁を切りたいのかもしれないと考えているマクギーに対し、全員とは縁を切らないはずだと言う。
  • アビーも連絡がないのは変だとジヴァのことを追跡し、様々な方法で接触しようとしていたが見失ってしまい、何か起こったに違いないと、モサドをハッキングし始める。
  • トニーはジヴァを探すとギブスに宣言し、あらゆる情報を集め始める。
  • トニーはサリーム・ウルマンの潜むキャンプ地を特定してヴァンス局長にジヴァ救出作戦の許可を求める。
  • 局長はこの状況下では認められないと却下するものの、ギブスは状況を変えれば良いと解釈し、トニーとマクギーにソマリアで調査しろと命じる。
  • 現地に向かった2人はわざとサリーム・ウルマンの手下に捕まり、拷問を受けることになった。
  • サリーム・ウルマンはキャンプ地が発見された経緯が、カフェイン中毒のためアメリカから輸入していたカフパウが原因だったと知らされ、それにひどく腹を立てる。
  • サリーム・ウルマンが、どちらかが工作員の名前と住所を吐け、1人は殺す、どっちが生きるか決めろと言って連れてきたのはジヴァだった。
  • ジヴァは星の数ほど人はいるのに、トニーが来るなんてと言い、来てはいけないと、なぜ来たのかと聞くと、トニーは君なしじゃ生きられないと答える。(自白剤効果だけではないものと思われる)
  • ジヴァは、だから一緒に死ぬのか、私に構わないでほしい、私のために危険を冒してほしくない、そんな価値はない、この状況は当然のむくいだと言う。
  • トニーは戻ってきたサリーム・ウルマンにあと 30秒の命だと宣告し、ウソをつくなと言われるが、(自白剤の効果で)ウソはつけないと応える。
  • トニーが、殺すのは元スナイパーのボスだと言った直後、サリーム・ウルマンは頭部を撃ち抜かれる。
  • トニー、ジヴァ、マクギーは脱出し、サリーム・ウルマンを狙撃したギブスと合流する。
  • ギブスのチームが NCISのオフィスに着くと、フロアの全員が立ち上がり拍手で迎える。
  • アビーがジヴァを抱きしめるが、ジヴァの表情は晴れない・・・。
©2018 NCIS:NAVY DATA ROOM