海外ドラマ新番組情報

©2020 flexpromotion.net

コード・ブラック 生と死の間でCode Black

コード・ブラック 生と死の間で | 原題 - Code Black
Data ID
d10278
Last Update
2020/07/03 22:45:03
概要
患者数が許容量を越える緊急事態を指す”コード・ブラック”が年間平均 300回は発生する全米一忙しい病院の救急処置室(ER)が舞台となる。 優秀な女医、リアン・ロリッシュが数秒単位で判断をし、抜群のスピード感と医療スキルを駆使し、患者を救う医療現場をリアルに描く。
主観的評価
4点
主観的レビュー
2018年1月に最終話まで見終えた。 医療ドラマの金字塔『ER』にかなり酷似している印象は否めないものの、遥かにテンポが良く問題解決も早い。 エピソードごとに各登場人物にスポットが当てられるのも『ER』と同じだが、個人のトラブル関連も話がスピーディーに進むのでストレスなしに見ることができた。 本国ではシーズン 3も始まっているらしいので、日本で続編の放送があれば見たいと思う。

2020年7月にシーズン2、3を一気に見終えた。 中東で軍医をしていたという設定のイーサン・ウィリスが新たに加わり、物語に幅ができたと思ったのもつかの間、話しが進むにつれイーサンの存在が鬱陶しく思えてきた。 ERであるエンジェルス記念病院内の人間模様、若き医師の成長を見守るシーズン1とは異なり、病院の外で次々にトラブルが発生して誰が主役なのか見えづらくなってしまった印象が強い。 視聴率の低迷であせったスタッフが過激なストーリー、過激な演出に走って原石の輝きを失うのは世の常。 このドラマもそれの典型で、シーズン3の途中からは毎度おなじみのパターンに飽き、イーサン・ウィリスの個性に嫌気が差し、見るのをやめようかとすら思ってしまった。 最後まで見た結果、打ち切りになったものの各個人にまつわるストーリーは完結したと言えるので損はしなかったと感じている。 見ても損はしないが、是非にと人には勧められないドラマだった。

コード・ブラック 生と死の間で
8月の第一話放送予定

  • 今日(8/15)以降、
    今月は第一話の放送がありません。