NCIS:NAVY DATA ROOM

元夫婦の合同捜査 (Devil’s Trifecta)

シーズン 10 エピソード 09 通算 第219話放送日 2012-12-11(US)
  • ハンバーガー店に立ち寄ったトバイアス・フォーネルが銃撃されるが、たまたま防弾ベストを脱ぎ忘れていたため助かり、撃ち返して犯人を射殺する。
  • 犯人が働いていたバーでギブスとトバイアス・フォーネルが聞き込みをしていると、彼らの元妻のダイアンが現れる。
  • 彼女は国税庁に復帰したのでバーの監査をしているとか、実はバーを買収しようと思っているなどと話が二転三転する上に、相手に対してダイアン・フォーネルと名乗り、さらにはダイアン・ギブスという偽の IDまで所持していた。
  • フォーネルは俺を暗殺しようとしたのかもしれないと冗談を言うが、誰も笑わず、それを否定しない。
  • ダイアンを取り調べている最中、ヴァンス局長が来て取り調べは終わりだという。
  • 実はダイアンは国税庁の監察官に復帰したのではなく、捜査官に昇進しており、バーで潜入捜査している最中だった。
  • ヴァンス局長は、NCIS、FBIと国税庁の 3つの機関が関与しているため、3人が組んで捜査するよう命じる。
  • ダイアンは今、現夫のヴィクター・スターリングと距離を置いている。(本人談)
  • ヴィクター・スターリングは優しく、娘の良い手本だが、再婚したのは間違いだったかもしれない。(ダイアン談)
  • トバイアス・フォーネルが狙われたということはダイアンも狙われている可能性が高いので、ギブスの家に泊めてやれとトバイアス・フォーネルは言うが、君のほうが後に結婚したのだから、そっちの家に泊めろとギブスは言い、うちは寒いからと付け加えても、トバイアス・フォーネルはうちはカビが生えていると言い返す。
  • それを見たマクギーが僕の家じゃなくて良かったとつぶやいた途端にギブスとトバイアス・フォーネルに睨まれて凍りつく。
  • 結局、ダイアンはマクギーの家に泊まることになる。(こぼれ話参照
  • ダイアンは、夫のヴィクター・スターリングは毎日美しいと言っていたのに、今は言ってくれなくなったのは彼が変わったのか、それとも私が変わったのかなどと感傷的なことを言ってしんみりしていたが、仕事仲間が落ち込んでいるのだからハグしなさいとマクギーに強要する。
  • 翌朝、ギブスとトバイアス・フォーネルがマクギーの家に行くと、2人はソファーで一緒に眠っていた。
  • ギブスは容疑者の張り込み中、ダイアンの夫婦生活がうまくいっていないことに触れ、トバイアス・フォーネルに離婚を考えているのはヴィクター・スターリングの方だと教えると、トバイアス・フォーネルはバイ菌にさえ嫌われている女だから無理もないと言う。
  • 事件の黒幕を探りにギブスとダイアンがパーティー会場に潜入するが、ダイアンが捜査官と見破られ銃を突きつけられる。
  • ギブスは機転を利かせ、壇上からダイアンにプロポーズする芝居をして周囲の目を集め、ダイアンを拉致できないように仕向けて救う。(こぼれ話参照
  • 事件を解決したギブス、トバイアス・フォーネル、ダイアンの 3人がヴァンス局長に報告すると、ヴァンス局長は見事なチームワークだったと褒め、君たち 3人には継続的に合同捜査をしてもらいたいと言うが、見ていた書類から目を上げると 3人の姿はすでになかった。
  • ダイアンがギブスの家の地下室を訪れ、ギブスに今後のことを聞き、死ぬまで孤独な日々を送るのかと問うが、ギブスは俺は孤独じゃないと答える・・・。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM