NCIS:NAVY DATA ROOM

クリスマスの贈り物 (You Better Watch Out)

シーズン 10 エピソード 10 通算 第220話放送日 2012-12-18(US)
  • アビーの財布はカードがいっぱいでパンパンになっている。(本人談)
  • トニーシニアがワシントンに来るので朝からイライラしている。
  • 外で会うはずだったシニアが突然オフィスに来て今夜はトニーの家に泊まると言い出す。
  • チームのメンバーは、今までトニーが住んでいる所を見たことがない。
  • トニーの部屋では ”ケイト” と名付けられた金魚が飼われている。(本人談)
  • トニーは 12年前からそこに住んでいるが、シニアの想像を超えた立派さだった。(こぼれ話参照
  • トニーは、寝室にシングルベッドが置かれているのを見たシニアが怪訝そうな顔をしているのを見て、好きな時間に帰れるし、じゃまにならないので、女性と会う時は相手の家に行くようにしていると言うと、シニアは親密で真面目な関係という大事なものが欠けているのではないかと問う。(こぼれ話参照
  • シニアは何か食べるものを作ると言うが、トニーは家で食事はしないため冷蔵庫に食材は入っていないと言い、ルーフトップ・グリル に予約を入れようと提案する。
  • アビーは 1890年代から家にあるクリスマスの飾りから指紋採取し、それを触った親族をできる限り多く特定しようとしており、すでにトリクシーおばさんのものは確認できた。
  • アビーは 11歳のころから親族の指紋を集めている。(本人談)
  • ディノッゾ家には息子が 21歳のクリスマスに代々伝わる印象指輪を譲る長年の習慣があったが、シニアは家を空けがちだったからトニーは貰えなかった。
  • シニアは強盗に遭ったと言うが、たぶん質に入れたのだろうとトニーは考えている。
  • シニアはジヴァに、最愛の人だった妻が死んですべてが変わり、今も心の穴は埋められず過ちを繰り返したと言い、トニーは唯一の家族なので過去のクリスマスの埋め合わせがしたいと説明する。
  • トニーとマクギーが捜査のためにゴミ集積場に行くと、そこにはマクギーの大学時代の友人のスチュワート・ドーフマン(Stewart Dorfman(デヴィン・マッギン(Devin McGinn)))が働いていた。
  • マクギーは大学時代とても面白く、ビーバーの仮装をして大きな歯をつけ、”ビーバーのティム” と呼ばれていた。(スチュワート・ドーフマン談)
  • トニーが帰宅すると、シニアが向かいの部屋の女性を連れ込んでトニーの寝室にいた。
  • トニーは聖域である自室をけがされたことに腹を立て、一緒にクリスマスを過ごしたくないとシニアを家から追い出す。
  • ジヴァの自席のパソコン・ディスプレイにはトニーが子どもの頃のイケてない写真が貼ってある。
  • トニーがみんなで観るはずだった映画の DVDを忘れたため自宅に取りに戻ると、クリスマスツリーの下にシニアからのプレゼントがあるのを見つけ、箱を開けてみるとディノッゾ家に伝わる印象指輪が入っていた。
  • トニーはオフィスに戻り、みんなに指輪を見せてシニアが償いをしに来たのに追い返してしまったと悔やむ。
  • しかし、映画を上映しようとした時、アビーがシニアを連れて戻ってくる・・・。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM