NCIS:NAVY DATA ROOM

マクギー大将 (Squall)

シーズン 10 エピソード 19 通算 第229話放送日 2013-03-26(US)
  • マクギーが子どもの頃、父親は留守がちだった。(本人談)
  • 死体が見つかった空母にはスタンリー・バーリー捜査官も乗船していたため捜査に加わる。
  • その船にはもう一人、マクギーの父親であり海軍将校のジョン・マクギー(John McGee(ジェイミー・シェリダン (Jamey Sheridan)))も乗っていた。
  • マクギーとジョン・マクギーは反発しあい、険悪な雰囲気が続く。
  • マクギー親子の関係が良くないことはヴァンス局長も知っている。(ヴァンス局長談)
  • ヴァンス局長は、ジョン・マクギーが息子を否定し認めない厄介者なのでマクギーの味方でいてやるべきだとギブスに言うと、ギブスはいつも味方だと応える。
  • ダッキーはマクギー親子の関係について、残念ながら子は父を選べないが、本当の悲劇は父親に選んでもらえないことだと言う。
  • スタンリー・バーリーは空母で出会った将校と婚約した。(本人談)
  • アビーはマクギーに父親が急に現れて大変だろうが、今度こそ面と向かって思いをぶつけてみたらどうかと聞き、今まで避けてきたことでもやってしまえば楽になるかもしれないと言う。
  • ヴァンス局長はマクギーはチームに欠かせない存在になっているので、海軍将校、そして父親として誇りに思うべきだとジョン・マクギーに言う。
  • マクギーは父親を呼び出し、人生は順調で仕事もうまくいっていることを知っておいてほしいと伝える。
  • ジョン・マクギーが我々の険悪な状況を母親は喜ばないと言うと、マクギーは変えようと言う。
  • ジョン・マクギーは、5歳の誕生日の時、砂場を作るとマクギーが遊び疲れて眠ったのを見ていたことを話し始めるが、それは大昔のことで今とは違うと途中で話を止めてしまう。
  • 予定に向かうジョン・マクギーが、私を送り出す時の言葉は?と聞くと、マクギーは ”悪い奴に気をつけて” と答える。
  • トニーはマクギーに、ギブスもジヴァもトニー自身も父親との再会は突然だったと言い、どの家も同じで父親は最初はヒーローだがやがて失望させられるものなので、父親の欠点を理解してやるのが大事だと説く。
  • ジヴァは親子関係の修復に時間がかかるマクギーがかわいそうだが、時間があるだけ幸せだと言う。
  • 事件を捜査するとジョン・マクギーが偽名で空母の医務室に行っていたことが分かり、ギブスが事情を聞くと、実はがんのステージ4であることを告白する。
  • ミラー越しに見ていたマクギーは事実を知って涙する。
  • マクギーは父親と会って話し、病気の事を母親に告げないのかと訪ねると、簡単ではないと答える。
  • マクギーはそれ以上は言わず、父と 2人で散歩を続ける・・・。
  • こぼれ話参照
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM