NCIS:NAVY DATA ROOM

被曝の真相 (Dead Man Walking)

シーズン 04 エピソード 16 通算 第86話放送日 2007-02-20(US)
  • マクギーは柔らかい羊革で、トカゲの型押し、ダブルファスナーで胸にポケットのあるアルマーニ 2007年リゾートコレクションという約2‚000ドルするジャケットを着ている。(トニージヴァ調べ)
  • マクギーがオフィスに連れてきたロイ・サンダース(Roy Sanders(マシュー・マースデン (Matthew Marsden)))大尉は放射性物質によって被爆してしまっていた。
  • ジヴァはロイ・サンダース大尉をどこかで見た顔だと言うが、それがどこなのか思い出せない。
  • ジヴァはクリップ1個で18通りの殺し方ができる。(本人談)
  • マクギーはロイ・サンダース大尉と接触していたため、被爆検査するとアビーが衣類を調査する際、アルマーニのジャケットの一部を切り取ってしまう。
  • ジヴァはロイ・サンダース大尉が移送されたAFRRIで話を聞いているうちに、毎朝のランニングですれ違う蛍光オレンジの帽子をかぶった人だと分かる。
  • ジヴァは付きっきりでロイ・サンダース大尉の容態を見守るが、衰弱していく一方。
  • ミシェル・リーがロイ・サンダース大尉の希望で遺言書を作成する。
  • ジヴァは急速にロイ・サンダース大尉に惹かれていく。
  • パーマーはダッキーが検視室を出たのと入れ違いに入ってきミシェル・リーと関係を持つ。
  • ジヴァの願いも虚しく、ロイ・サンダース大尉の症状は悪化の一途をたどっていく。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM