NCIS:NAVY DATA ROOM

母の日 (Mother’s Day)

シーズン 07 エピソード 16 通算 第154話放送日 2010-03-02(US)
  • 海軍大佐が銃で撃たれ死亡するが、一緒にいた婚約者の女性は亡くなったギブスの妻、シャノンの母であるジョアン・フィールディング(Joann Fielding(ジーナ・ローランズ (Gena Rowlands)))だった。
  • 事件は市警の管轄で、フィリップ・マッキャデン(Philip McCadden(アダム・コーフマン (Adam Kaufman)))の担当だったが、ギブスははヴァンス局長に頼んで NCISで捜査することにする。
  • パーマーは死化粧師の彼女(ブリーナ・スレーター)とデートの約束を取り付ける。
  • ギブスとジョアン・フィールディングが最後に会ったのはシャノンとケリーの葬式の日。(ジョアン・フィールディング談)
  • 若き日のギブスはジョアン・フィールディングが反対したにも関わらず、海軍の命令に従って転任し、出征してしまったためシャノンとケリーを死なせることになった。 娘たちを守れなかったのはギブスの責任だとジョアン・フィールディングは責める。
  • ジヴァの指輪のサイズは 9号。(本人談)
  • マクギーの祖父はアリゾナ州に住んでいる。(本人談)
  • 様々な証拠を調べるとジョアン・フィールディングの証言に信憑性がないため、ギブスは内緒でハート弁護士にジョアンの弁護を頼む。
  • ダッキーは 15歳の時、学校の詩のコンクールで 2位になったことがある。(本人談)
  • ギブスはジョアン・フィールディングを自宅の地下室に招き、二人だけで話をすると、娘と孫の死の責任の一端が海軍大佐にあると思い、射殺したことを認める。
  • ギブスはシャノンとケリーを殺害した本当の犯人を知っていること、そこで自分は何をしたのかということを明かし、海軍大佐を殺して満足したかと尋ねる。
  • ギブスがジョアン・フィールディングを逮捕しようとした時、ハート弁護士が現れてギブスの手続き上の不備を指摘し、法律に基づかない不当逮捕だとして開放させる。
  • ヴァンス局長もジョアン・フィールディングへの容疑を取り下げることを容認し、海軍将校が関わる麻薬スキャンダルに事件をすりかえる。
  • ギブスは自宅に持ち帰って目を通していたジョアン・フィールディングに関する捜査資料を閉じ、暖炉の炎の中に投げ入れる。
  • パーマーがオフィスに彼女を連れてきてメンバーに紹介する。

サウンドトラック:挿入歌/アーティスト

  • Murder In My Heart / SHERYL CROW
      
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM