NCIS:NAVY DATA ROOM

追われる科学者 (Choke Hold)

シーズン 12 エピソード 04 通算 第262話放送日 2014-10-14(US)
  • 海軍研究試験所のソフィア・グラズマン(Sofia Glazman(タマラ・ベラス(Tamara Belous)))が特殊な装置で首を絞められ死亡してしまう。
  • サラ・ポーター海軍長官に呼ばれたヴァンス局長ギブストニーを連れてペンタゴンを訪れる。
  • そこにはロシアの参事官のアントン・パブレンコが来ており、死亡したソフィア・グラズマンの研究仲間だったネリー・ベニン(Nelly Benin(ビクトリア・バラバス(Victoria Barabas )))がセルゲイ・ミシュネフに雇われ、特殊な装置で殺人を重ねているので止めてもらいたく、正規のルートで NCISに協力を求めると言う。
  • サラ・ポーター海軍長官は FBIも参加して全面的に協力すると約束し、トニーが廊下で口説こうとしていたレイア・ペンダーガスト(Leia Pendergast(ステファニー・ジェイコブセン (Stephany Jacobsen)))を FBI捜査官だと紹介する。
  • マクギーの調査で、犯行時刻にネリー・ベニンは空港の混雑で入国に手間取っていたため犯人ではないと判る。
  • ギブスのチームがネリー・ベニンを発見して話を聞くと、殺人には関与しておらず、ロシア国内にいると身の危険を感じるため亡命したいと申し出る。
  • ギブスがネリー・ベニンを尾行している女に気づいて後を追うが、殺人で使われた特殊な装置を使って逃げられてしまう。
  • ネリー・ベニンは、尾行していたのはセルゲイ・ミシュネフに雇われた殺し屋だと言う。
  • セルゲイ・ミシュネフは海軍職員の引き抜きをしており、ネリー・ベニンも引き抜きの誘いを受けて断ったが、同じようにオファーを受けた同僚がソフィア・グラズマンと同じ装置で殺されてしまったので次は自分の番だと怯えている。
  • アントン・パブレンコが、すでに被疑者を捕らえたのではないかと探りを入れに NCISを訪れ、たとえ殺人の容疑が晴れたとしても政府として正式にNCISの協力を要請すると言う。
  • 対応に苦慮していたサラ・ポーター海軍長官はロシア側に身柄を引き渡すことに決め、レイア・ペンダーガストの運転でネリー・ベニンを車で移送するが殺し屋が後を追ってきていた。
  • その車をトニーとマクギーも尾行しており、駐車場に殺し屋を追い詰めるが、特殊な装置で首を切って自殺してしまう。
  • ネリー・ベニンが帰国するという情報はアントン・パブレンコしか知らないはずなので、殺し屋との関係を探るが接点が見つからない。
  • ついに身柄を渡すこととなってアントン・パブレンコと引き合わせると、ネリー・ベニンは激しくロシア行きを拒否し、職員の銃を奪って抵抗する。
  • 抵抗阻止のためレイア・ペンダーガストが発砲し、ネリー・ベニンが倒れるとアントン・パブレンコは慌てて NCISを出てゆく。
  • しかし、それはネリー・ベニンが死んだと見せかける芝居で、サラ・ポーター海軍長官も微妙な表情でその場を見過ごす。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM