NCIS:NAVY DATA ROOM

LA特殊捜査班・後編 (Legend (Part 2))

シーズン 06 エピソード 23 通算 第136話放送日 2009-05-05(US)
  • G.カレンが捜査官だと気づいたマイケル・リフキンが銃を構えたため作戦を中止して待機していたメンバーが部屋に突入する。
  • マイケル・リフキンは自分がモサドであると身分を明かし、それを確かめたければ NCISのジヴァ・ダヴィードに聞けと言う。
  • MTACで技術のスーザン・オスレイ(Susan Ottsley(ジル・ザノウスキー(Jill Czarnowski))がLAと回線をつなぎ、写真を見たジヴァはマイケル・リフキンがモサドだと認めるが、最近は一緒に仕事をしていないので詳しい情報はないとウソをつく。
  • ギブスララ・メイシージヴァを信じているかと問われ、命も預けられると答える。
  • ララ・メイシーは自分の能力を疑っているようだが 18年前の出来事だけで判断しないでほしいとギブスに言うと、あの時に何を知ったと聞かれ、答えに詰まる。
  • その二人の様子をロサンゼルス支局の心理分析官で、心理学者のネイト・ゲッツ(Nate Getz(ピーター・キャンバー(Peter Cambor )))がじっと見ている。
  • マクギーアビーもマイケル・リフキンの顔認識検索をしていたことを履歴を見て気づく。
  • マクギーはロサンゼルス支局のハイテク機器をすっかり使いこなせるようになっている。
  • ロサンゼルス支局のメンバーはマイケル・リフキンを国外退去させる令状を取ったので身柄を確保しようとするが一足遅く、容疑者の一人が殺害されていた。
  • アビーはマクギーの帰りを待ってデスクの周りを飾り付けている。
  • マクギーはアビーに電話し、顔認識検索をしたのはトニーの指図ではないかと問い詰め白状させる。
  • マクギーはジヴァとの関わりを心配し、トニーにマイケル・リフキンがロサンゼルスいて容疑者 2人を殺害したことを伝える。
  • トニーはジヴァとの間に気まずい空気が流れる中、3日前にマイケル・リフキンに会ったことをギブスに言わなかったと詰め寄ると、ジヴァは忠誠心を疑うのかと反発し、嫉妬しているのではないかと言い返すがトニーは心配しているだけだと応える。
  • トニーはマイケル・リフキンがテロ組織の捜査を妨害し、被疑者を殺害しているとジヴァに言うと、私の国では英雄的行為だと反論され、ここは君達の国ではないと言ってしまう。
  • ジヴァはマイケル・リフキンの居場所を知らない、知っていてもトニーには言わない、話すならギブスにだと言い捨てオフィスを出てしまう。
  • ギブスはマイケル・リフキンを見つけ、今すぐ国に帰れと警告する。
  • ギブスはネイト・ゲッツが話す18年前のことに耳を傾け、ある憲兵の中尉は家族を殺された一等軍曹が犯人に復讐した殺人事件を捜査し、殺された妻や娘が安らかに眠れないほど被疑者をしつこく取り調べたものの、それは正当な殺人だったと判断したため証拠をすべて葬ることにしたが、被疑者だった軍曹はそうやって彼女に守られた事実を今も知らないと聞かされる。
  • ギブスがロサンゼルス支局の外にある監視カメラに向かって微笑み、小さくうなずくと、中でその映像を見ていたララ・メイシーも安堵の笑みを浮かべる。
  • トニーがアビーにマイケル・リフキンの足取りを調べてもらったところ、1人でロサンゼルスを出発してテルアビブに向かったが、それはワシントン経由だと分かる。
  • ジヴァはその頃、マイケル・リフキンと同じベッドの中にいた・・・。

サウンドトラック:挿入歌/アーティスト

  • Ran Away to Tell the World / OURS
      
  • In the City / KEVIN RUDOLF
      
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM