NCIS:NAVY DATA ROOM

美しき暗殺者 (Endgame)

シーズン 07 エピソード 07 通算 第145話放送日 2009-11-10(US)
  • 本作は『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』のシーズン1、エピソード5とのクロスオーバー。
  • 海軍アカデミーの敷地内で民間の医師の射殺体が見つかり、現場に現れたヴァンス局長はその手口から容疑者は、長年追っている北朝鮮の工作員リー・ワン・カイ(Lee Wuan Kai(ケリー・ヒュー (Kelly Hu)))であろうと言う。
    (リー・ワン・カイはロサンゼルス支局のチームと撃ち合い、負傷したまま姿を消していた)
  • マクギーはコーヒー店(Strong Joe)で出会ったアマンダ・バロウ(Amanda Barrow(リンディ・ブース (Lindy Booth)))に惹かれ、電話番号を教えてもらう。
  • テレビでZNNのガイ・ロスが国会議事堂での発砲事件を伝える。(こぼれ話参照
  • ヴァンス局長はギブスに、17年前にベオグラードで少女のリー・ワン・カイと出会い、当時のパートナーを殺されたと話す。
  • チームは、リー・ワン・カイと過去に直接会ったことのあるチャド・ダンハムをオフィスに呼んで話を聞く。
  • 北朝鮮では80年代前半からある官僚が孤児の少女たちを工作員として訓練し始めたが、その中の一人がリー・ワン・カイで、自分を殺し屋に育て上げた官僚などを殺害することが目的らしい。
  • ジヴァは海外を飛び回るなんてもうたくさんだと思い、居場所を作るために NCISに戻った。(本人談)
  • アビーがカリフォルニアに行ったのは、6歳の時のはとこの結婚式の時だけで、アボカドを食べてアレルギーが出た。(本人談)
  • マクギーとアマンダ・バロウは急接近し、マクギーは幸せ一杯だったが、彼女がいきなり NCISを訪ねてきたので戸惑い、違和感を覚える。
  • マクギーは勤め先を言っていないのにアマンダ・バロウがどうやって知ったのか聞くと、アマンダ・バロウは寝返ったリー・ワン・カイを殺すために北朝鮮に雇われたフリーランスの工作員だと言い、リー・ワン・カイの居場所を聞き出そうとマクギーに銃を向ける。
  • しかし、リー・ワン・カイがアマンダ・バロウを射殺したことでマクギーは命拾いする。
  • ダッキーはリー・ワン・カイをプロファイリングし、彼女はヴァンス局長に会いに行くだろう、彼女の心のなかでは敵ではなくパートナーだったと分析するが、実際にリー・ワン・カイはヴァンス局長の家に現れる。
  • ヴァンス局長は「人は変わることができる」と説得するが、リー・ワン・カイはパートナーのためだと思って全てを終わらせてほしいとヴァンス局長に向かって銃を向ける。
  • そのリー・ワン・カイに向かって引き金を引いたのは、ヴァンス局長の妻、ジャッキー・ヴァンスだった。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM