NCIS:NAVY DATA ROOM

ベルリン (Berlin)

シーズン 10 エピソード 21 通算 第231話放送日 2013-04-23(US)
  • トニージヴァはローマ行きの準備を進めていたが、イラン・ボドナーがベルリンに向かうとの情報で目的地が変わる。
  • モサドの新局長、オーリ・エルバズ(Orli Elbaz(マリーナ・サーティス (Marina Sirtis)))がヴァンス局長を訪ねてくる。
  • ヴァンス局長はトム・モローと会い、すでに国土安全保障省がイラン・ボドナーを捜索中で他の機関は必要がないと釘を刺されるが許可を得る必要はないと突っぱねる。
  • しかし、トム・モローは(ジャッキー・ヴァンスの)復讐したい気持ちは分かるが、自分の首を絞めてはいけないと友人としてヴァンス局長に忠告する。
  • アビーはトニーとジヴァのそばにいる気持ちになりたいと、ラボにドイツの音楽を流し、シュペッツレ を作っている。
  • ベルリンのバーでイラン・ボドナーが現れるのを見張っていたトニーとジヴァが、監視しやすいようにダンスをしていた時、対象者に気づかれたかもしれないと慌てたジヴァはトニーに 「俺だけを見ていろ」 と言われ、幼い頃イーライ・ダヴィードに 「いつか愛する人と踊りなさい」 と言われたことを思い出す。
  • NCISはモサドからの情報に振り回されるが、ベルリンに渡ったのはイラン・ボドナーの弟のヤニフ・ボドナー(Yaniv Bodnar(イド・ゴールドバーグ(Iddo Goldberg)))であり、イラン・ボドナーは一旦はアメリカを出国したものの、すぐに戻ってきていたことが判明する。
  • 弟のヤニフ・ボドナーを拘束し、ベルリンから戻ったトニーとジヴァは NCISに向かう。
  • その車中、ジヴァはモサド新局長のオーリ・エルバズが両親の中を裂いたとトニーに言う。
  • オーリ・エルバズは若く、ジヴァの父のイーライ・ダヴィードは弱かったのが原因だが、今は彼女も復讐したがっているのでイーライ・ダヴィードを本当に愛していたのかもしれないと。
  • そして、オーリ・エルバズがいたから自分の人生は変わってしまったとジヴァが言うと、トニーはそれなら彼女に感謝し、礼をしなければならないと言ってジヴァの手をにぎる。
  • その時、ジヴァが乗っている助手席に横から猛スピードで走ってきた車が衝突する・・・。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM