NCIS:NAVY DATA ROOM

デジャヴ (Deja Vu)

シーズン 13 エピソード 13 通算 第295話放送日 2016-01-19(US)
  • 本作はロッキー・キャロル(ヴァンス局長役)が監督。
  • ビショップジェイク・マロイと別れてから話し相手がいないため、NSAを設立した第33代大統領のハリー・S・トルーマン ( Harry S. Truman)宛に届くはずのない手紙を誰もいなくなったオフィスで書いており、NSAや NCISで働き始めた理由を見つめ直すことになったとつづり始める。
  • ビショップの席の後ろには、オクラホマ州のフットボールチームであるカウボーイズ(Oklahoma State Cowboys football )のペナントが飾られている。
  • マクギーの家は昨夜の停電で暖房が使えず、デライラは実家に帰ってしまった。(本人談)
  • バージニアのアダムス郡の埋立地で水兵の死体を発見したのは、マクギーとマサチューセッツ工科大学の同窓生で、ゴミに目覚めた進化生物学者のスチュワート・ドーフマンだった。
  • マクギーとスチュワート・ドーフマンは、マルタップフライヤーズというタップダンスのコンビを組んでいた。(スチュワート・ドーフマン談)
  • ビショップは、単純な殺人ではないという予感がしたのに自分の勘に従わなかったことを後悔する。(大統領宛の手紙より)
  • ダッキーの毛皮の帽子は 1933年に南極の測量探検でおじのダンカンが使っていたもの。(本人談)
  • マクギーは昨夜、トニーの家に泊めてもらったが、近くの木が倒れて電線が切れ、夜中から急激に冷え込んだが暖房が使えなかった。(トニー談)
  • ダッキーが遺体の傷を誤認していたことにパーマーが気づき、皮膚の下から微小な何かの破片を摘出する。
  • ビショップは、事件捜査の方向性を分析官として見極めるべきだったが見誤ってしまった。(大統領宛の手紙より)
  • パーマーが摘出したのは GPS発信器の一部だったことが分かると、ビショップはそれが埋められていたのは左脇かと聞き、それは NSAの新人時代に FBIとの合同捜査で摘発した人身売買組織と同じ手口だと説明する。
  • ビショップは当時の事件の担当者に話を聞くことになり、FBI捜査官のデイジー・ミルナー(Daisy Milner(シ・ネ・ニールソン(Shi Ne Nielson )))と元 NSAのアダム・コナーズ(Adam Connors(マイク・ブラデシック(Mike Bradecich )))とダイナーで会う。
  • ビショップは、捜査官になったのは世界を良くするためだが、一つ摘発しても犯罪組織は次々と現れてしまうのが現実で、自分は力不足かもしれないと考える。(大統領宛の手紙より)
  • パーマーは娘が生まれてから、こういう事件には余計につらく感じ、娘を家から出しなくないと思う。(本人談)
  • ビショップの携帯電話にデイジー・ミルナーから真相に近づいた、金の流れが手がかりだと連絡があり、ダイナーでアダム・コナーズと 3人で会うことにするが、デイジー・ミルナーは何者かに殺害され、それを知ったアダム・コナーズは次に狙われるのは自分たちだろうから、これ以上は協力できないと過去の資料だけビショップに渡して去って行く。
  • アビーが人身売買組織の GPS信号を追跡し、3人の女性がいる場所を特定して無事救出に成功する。
  • そして、人身売買組織の実態も解明され事件は解決する。
  • ビショップは捜査官になった理由を見つめ直したというより、自分を信じていれば早く真実に気づき、女性の命を救うことができたと反省するが、今は前を見て最高のチームで働き、最高の捜査官になると決意を伝えて大統領への手紙を締めくくる。
  • ビショップは、トニーとマクギーを泊めるはずだったが、家の変圧器が凍って壊れてしまった。(本人談)
  • トニーとマクギー、そしてビショップの 3人はギブスの家に泊めてもらうことにし、みんなで映画『三十四丁目の奇蹟 (Miracle on 34th Street)』を観て過ごす。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM