NCIS:NAVY DATA ROOM

冤罪 (Burden of Proof)

シーズン 15 エピソード 07 通算 第337話放送日 2017-11-07(US)
  • トーレスは暇さえあればスポーツジムに行く。(本人談)
  • 10年前にオコンネル大尉強盗殺害事件で死刑判決が下されたガブリエル・ヒックス(Gabriel Hicks(グラハム・ハミルトン(Graham Hamilton )))が、自分はハメられたのであって無実だと主張していると、公選弁護人のジェシカ・シェイファー(Jessica Shaeffer(ヒラリー・ワード(Hilary Ward )))が NCISを訪れる。
  • 当時、FBIと NCISで合同捜査した際はダッキーが休暇中だったため市の検視官が検視を行ったが、それが正しいと思えないので死体を掘り起こし、あらためてダッキーに検視してほしいとジェシカ・シェイファーが依頼する。
  • ニューヨークから戻ったダッキーとパーマーの所見では犯人は左利きのため、右利きのガブリエル・ヒックスは該当しない。
  • ダイナートバイアス・フォーネルと会ったギブスがガブリエル・ヒックスが無実かも知れないことを話すと、オコンネル大尉は青いバンに乗った男に自宅前で誘拐され、銀行のATMで1‚200ドルを引き出すように脅されており、ガブリエル・ヒックスには武装強盗の前科があって青いバンを所有、当時 1‚000ドルを所持していてアリバイを偽証していたことからも証拠は十分で 100%有罪だとトバイアス・フォーネルは譲らない。
  • マクギーとトーレスが現在も殺害現場に残されていた証拠を発見したためアビーが分析し、ビショップが調査したところオコンネル大尉は本人を含む 4件の連続殺人犯の手によって殺害されたと分かる。
  • 他の被害者 3人もガブリエル・ヒックスの犯行だと証明したいトバイアス・フォーネルと、そもそもオコンネル大尉殺害犯はガブリエル・ヒックスではないというギブスが対立する。
  • ダッキーとスローンの分析によると、連続殺人犯はサイコパスだと思われる。
  • マクギー、ビショップ、トーレスの 3人はスローンに自分も分析されるのではないかと気になって仕方がない。
  • ギブスとスローンがガブリエル・ヒックスと面会したが、彼にサイコパスの要素は見当たらなかった。
  • 事件当時、青いバンの運転手を間近で見たという目撃者がメアリー・エイレン・スミス(Mary Elaine Smith(フラン・ベネット(Fran Bennett )))だと分かったためギブスが会って話を聞くと、運転手は 40代の黒人だったと言い、そのことは当時も FBIの捜査官に証言したと言う。
  • ギブスが自宅でトバイアス・フォーネルを問い詰めるが、メアリー・エイレン・スミスは脅されて嘘をついていると言い張り、証人の存在を公にしたら自分のキャリアも終わってしまうと訴える。
  • メアリー・エイレン・スミスの存在をなぜか弁護士のジェシカ・シェイファーに知られてしまい、ガブリエル・ヒックスの再審に召喚されたギブスは、メアリー・エイレン・スミスが青いバンは 40代のアフリカ系が運転しており、それを FBIのトバイアス・フォーネルも知っていたと証言し、ガブリエル・ヒックスは無罪となる。
  • 証言を終えたギブスがトバイアス・フォーネルに話しかけると、弁護士のジェシカ・シェイファーにメアリー・エイレン・スミスの存在を知らせたのは自分で、過去の過ちを正したかったと言う。
  • 再審が終わったガブリエル・ヒックスと会ったギブスは彼の言動に違和感を覚え、スローンと一緒に様子をうかがっていると、彼が実は両利きだったことを知る。
  • 自分が見られていることに気づいているガブリエル・ヒックスは、ギブスに不敵な笑みを見せるのだった・・・。
  • to be continued...
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM