NCIS:NAVY DATA ROOM

アリを殺せ(前編) (Kill Ari Part 1)

シーズン 03 エピソード 01 通算 第47話放送日 2005-09-20(US)
  • 前エピソードからの続き
  • ギブスとチーム全員がケイトの死を悲しみ、撃った犯人がアリ・ハスワリである証拠を捜す。
  • ケイトを狙ったのは572メートル先、当日は無風。
  • ギブスが初めてマクギーを『ティム』と呼ぶ。
  • ギブスがコーヒーを買いに行く際、トニーとマクギーにも何か飲むかと尋ねるが、これが最初で最後のセリフ。
  • ケイトがタトゥーをしていたのはお尻だった。(本人(アビーの妄想)談)
  • 次にアリ・ハスワリは公園からアビーのいるラボを狙う。
  • アリ・ハスワリの目的はギブスの大切な人を狙い、苦しめることらしい。
  • ギブスは戦闘でも部下を失った。(本人談)(こぼれ話参照
  • ギブスが海兵隊のスナイパーだったことが、初めてトム・モロー局長の口から語られる。
  • トム・モロー局長は国土安全保障省の副局長に就任することになり、後任の局長として赴任したのがジェニー・シェパード
  • ギブスとシェパード局長は6年前からの知り合いで、男女の関係があった。
  • トニーの妄想に現れるケイトは制服姿。
    ケイトの高校時代の制服のことを聞いていたのでその影響か、昔の彼女にコスプレさせたりしているのでトニーの癖なのか)
  • ジヴァ・ダヴィードモサド局員)がギブスを訪ねてNCISに。
  • ギブスは6年前にも船を作っていたが、元妻(ダイアン)の名を付けていたため完成前に燃やした。(本人談)
  • ケイトは南部出身。(マクギー談)
  • トニーは家がお金持ち、東海岸出身、寄宿学校を卒業、中西部を経てフィラデルフィアへ。(ジヴァ談)
  • ジヴァとシェパード局長は対テロ対策で一緒に働いていたことがある。(局長)
  • ジヴァとアリ・ハスワリが密かに連絡を取り、任務終了後にパリで会う約束をする。
  • ジヴァはアリ・ハスワリがテロリストなら管理官である自分の首が飛ぶこと、アリ・ハスワリがケイトを殺すつもりなら人質にした時に殺していたであろうと主張し、アリ・ハスワリを殺さないよう警告。
    (この時点でジヴァはアリ・ハスワリの暴走を知らないものと思われる。)
  • 上層部はアリ・ハスワリが無実と思っており、確たる証拠なしにアリ・ハスワリを処分することはない。(シェパード局長談)
  • 現場に落ちていた薬莢はラプア社製の308口径、弾頭はフルメタルジャケットと判明するが、それはギブスがスナイパー時代に愛用していていたライフル銃、M40A1で使用していた弾丸。
  • ケイトを撃ったライフル銃の候補として残っているうちの一つ、ブラボ51の愛称は『ケイト』。
  • ギブスが信じないものは UFO、神秘、偶然、後悔、言い訳・・・(アビー談)
  • 愛称がケイトのライフル、銃弾がラプア308などという偶然はあり得ないとの結論からギブスは犯人がアリ・ハスワリと確信。
  • ジェラルド・ジャクソンは一週間後に復帰予定だが、買い物を終えて車に乗り込むと後部座席にアリ・ハスワリ潜んでおり、再び人質になってしまう。
  • アリ・ハスワリはジェラルド・ジャクソンを脅してダッキーに連絡し、ケイトを殺していないことを証明するので会って話したい、来ればジェラルド・ジャクソンを開放すると伝える。

    To be continued...

サウンドトラック:挿入歌/アーティスト

  • Strange / COLLIDE
      
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM