NCIS:NAVY DATA ROOM

遠い記憶 (前編) (Hiatus Part 1)

シーズン 03 エピソード 23 通算 第69話放送日 2006-05-09(US)
  • ギブスは映画『ユージュアル・サスペクツ (The Usual Suspects)』に出演しているガブリエル・バーン (Gabriel Byrne)に似ている。(トニー談)
  • ジヴァはミュージカル映画が好き。(本人談)
  • ギブスは事件の捜査中、乗り込んだ船で潜入捜査中のガリブ捜査官と会っていると、側にあったドラム缶が爆発して昏睡状態となってしまう。
  • その混乱に乗じて無線係をしていたテロ組織アブ・サヤフ (Abu Sayyaf Group)のメンバーでフィリピン籍のピンピン・プーラが失踪。
  • ギブスの言う「謝るのは弱さの表れ」は映画『黄色いリボン (She Wore a Yellow Ribbon)』でジョン・ウェイン (John Wayne)が演じたデュークのセリフ。(トニー談)
  • ジヴァはトルコ語で尋問することができる。(本人談)
  • ダッキーは幼い頃と愚かだった頃の2度、爆弾の上に座ったことがある。(本人談)
  • 専門医のトッド・ギルフォード(Todd Gelfand(ブレット・カレン (Brett Cullen)))は、湾岸戦争の時(1991年)クウェートでも昏睡状態となったギブスを診たが、脳に損傷もなく、脳波も正常なのに 19日間も眠り続けたこと、そして今回も同じ状態であること、そしてそれは脳へのダメージではなくギブスの意思によるものかもしれないとダッキーに説く。(こぼれ話参照
  • ギブスが昏睡状態の中で見た回想シーンにマイク・フランクスが初登場し、シャノンケリーを殺したペドロ・ヘルナンデスの顔写真も初めて映し出される。さらに、ギブスがマイクに妻と娘を殺した犯人の居場所を聞くと、資料を置いてマイクがトイレに行くシーン、ギブスがペドロ・ヘルナンデスの居場所を突き止め、狙撃するシーンと続く。
  • アビーのオナラの音は女性的。(マクギー談)
  • ジヴァとアビーはギブスの身を案じてピリピリしていたが、互いのことが理解できず、感情が爆発して双方とも 2度ずつ頬を平手打ちしてしまう。
  • マクギーは血を見るのが苦手。(トニー談)
  • ギブスは優秀な捜査官で立派なリーダー、そして政治家との交渉術も心得ている。(シェパード局長談)
  • 船上で爆死したのは潜入捜査していたガリブ捜査官であると DNAから判明。
    (ギブスが会っていたのは捜査官ではなく、実はピンピン・プーラ)
  • トニーはコーヒーが飲めない。(マクギー談)
  • トニーが不在のギブスを真似てコーヒーを飲む。
  • ダッキーの叔父カルキンは酒樽を作る職人だった。(本人談)
  • ダッキーは高校時代、チェスの大会で優勝したことがある。(本人談)
  • ダッキーとギブスは親友だがギブスの過去をよく知らない。(本人談)
  • ギブスがやっと昏睡から覚醒するが、ダッキーのことが分からない・・・。

    To be continued...
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM