NCIS:NAVY DATA ROOM

ギブスの新チーム (Last Man Standing)

シーズン 06 エピソード 01 通算 第114話放送日 2008-09-23(US)
  • ジヴァが潜入捜査でモロッコの酒場のステージで歌っていると店内で爆発が起こる。
  • トニーのデスクにはブレント・ランガーが座っている。
  • ジヴァのデスクにはミシェル・リーが座っている。
  • マクギーのデスクにはダニエル・キーティング(Daniel T. Keating(ジョナサン・マンガム(Jonathan Mangum )))が座っている。
  • パーマーミシェル・リーが捜査現場で会うが、互いに態度がよそよそしい。
  • ギブスのチームがヴァンス局長に解体されてから126日が経過している。(アビー談)
  • マクギーとアビーは前日にランチしている。(ギブス談)
  • ジヴァは父親であるイーライ・ダヴィードのところに身を寄せており、そこにはモサド職員の男性(マイケル・リフキン)も一緒にいる。
  • ギブスはヴァンス局長からチーム解散の理由を説明される。
  • 5カ月前に下士官のヴァーゴが中東関連の極秘データと渡せと脅され、それが相手に渡る寸前だったが、脅していたのはNCIS捜査官だったとの情報があり、その候補が新チームのメンバーの 3人だった。
  • マクギーは国防総省でセキュリティ違反があったヴァーゴのパソコンを解析するため異動させた。(ヴァンス局長談)
  • ジヴァは、ヴァーゴから唯一話を聞いていた同僚のロバーツがテルアビブで目撃されたため現地入りさせたが、ロバーツが脅迫した捜査官を知り、その情報を売って金を得ようとしたためモロッコの酒場で爆弾によって殺害された。
  • アビーには空母ロナルド・レーガンに乗船しているトニーから絵ハガキが何通も届いている。
  • ミシェル・リーには殺害される直前にヴァーゴから何度も電話があったが、ヴァーゴだとは知らず、その内容は報告書にまとめられていた。
  • ミシェル・リーは戦略計画課のオフィスに何度も出入りしていたが、それは人から見られない場所でパーマーと関係を持つためだったとパーマーも認める。
  • ヴァンス局長はミシェル・リーが潔白だと判断を下す。
  • トニーは空母ロナルド・レーガンからシーホークに異動になった。
  • パーマーとリーは数か月前、パーマーが利用されていると感じたため別れを切り出し関係は終わっていた。
  • ダニエル・キーティングの取り調べ中、持ち物を確認したブレント・ランガーとミシェル・リーはアクセスカードとパスワードのメモを見つけ、それが機能するのか確かめに戦略計画課のオフィスに行く。
  • サーバールームに入ると、ブレント・ランガーが銃に手をかける。
  • ギブスの携帯電話にミシェル・リーから連絡が入るが、聞こえてくるのは銃声とミシェル・リーの悲鳴。
  • ギブスたちが急いで駆けつけると、ミシェル・リーはブレント・ランガーを射殺しており、ブレント・ランガーが犯人だったと震えながら言う。
  • ヴァーゴを脅していた捜査官はブレント・ランガーだっと結論付けられ、マクギー、ジヴァがギブスのチームに呼び戻される。
  • ギブスとミシェル・リーが別れの挨拶をしていると、ミシェル・リーの携帯電話が鳴るが、それを後回しにして話を続ける。
  • ミシェル・リーがエレベーターに乗り込み、携帯電話を確認すると画面には「疑われているか?」の文字・・・ミシェル・リーは、それに「NO」と返信する・・・。

サウンドトラック:挿入歌/アーティスト

  • Temptation / COTE DE PABLO
      
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM