NCIS:NAVY DATA ROOM

軍事計画を盗め (Cloak)

シーズン 06 エピソード 08 通算 第121話放送日 2008-11-18(US)
  • 中東が攻撃を受けた際のアメリカの措置に関する情報、コードネーム『ドミノ』が過去に流出したことを受け、ギブスのチームが海軍の秘密施設に潜入し、セキュリティ侵害を確かめるための演習を実施する。
  • しかし潜入が見つかり、非常ベルが鳴って潜入したトニージヴァが身柄を拘束される。
  • ヴァンス局長フィリップ・ダベンポート海軍長官(Phillip Davenport(ジュード・チコレッラ (Jude Ciccolella))の話し合いによってトニーとジヴァは解放される。
  • ギブスはダベンポート海軍長官の葉巻にライターで火をつける。
  • 潜入の失敗は海軍側も演習を知っていたからだったが、非常ベルを鳴らしたのはギブスのチームでも海軍でもない第三者で、混乱に乗じて中央のコンピュータシステムである『ハブ』が何者かの手によって操作されたことが判明し、今もセキュリティが侵害され続けていることが分かる。
  • 実は中央のハブそのものが偽物で、すべてはヴァンス局長とギブスの計画通りに事態は進行している。
  • 演習の前、計画段階の時にミシェル・リーがチームの動きを気にしている。
  • アビーはラボに立てこもり、落ち着かない様子で、実は何かを知っている雰囲気。
  • 秘密やウソや画策はシェパード局長の時代で懲りた。(トニー談)
  • ヴァンス局長もギブスも、すでにスパイがミシェル・リーであると確信しているが、それを公表せず NCIS内部に共犯がいないかを探っている。
  • 実はハブのキーボードには塗料が付けられいて、その塗料は放射線を含んでいるのでガイガーカウンターで検知できる。
  • ミシェル・リー他、ギブスのチームもガイガーカウンターでの検査を受けるが、機器が反応したのはアビーの手だった。
  • 取調室のアビーは弁護士を要求する。
  • ヴァンス局長はミシェル・リーに弁護士を手配するよう指示を出す。
  • ミシェル・リーは弁護士との打ち合わせのため外出を許可される。
  • アビーは最初からすべてを知っており、放射線を含む塗料もアビーが調合したが、その際に手で触れてしまっていた。
  • ミシェル・リーが外出し、誰かと接触を図るが、チームが尾行していてミシェル・リーの身柄を確保する。
  • ミシェル・リーは娘を人質にとられて脅されていたと告白する。
  • パーマーはミシェル・リーとの過去の関係をチームの皆に告白するが、全員がすでに知っていた。
  • パーマーもミシェル・リーに娘がいたことは初耳だった。
  • ミシェル・リーは開放され、帰宅しようと車に乗ると、後部座席にギブスがおり、俺たちと組んでもらうと言われる・・・。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM