NCIS:NAVY DATA ROOM

運び屋のプライド (Double Back)

シーズン 11 エピソード 13 通算 第247話放送日 2014-01-14(US)
  • マクギーデライラの病室に駆けつけたが、2、3言交わしたところで意識不明となり、看護師1(役名なし(Nurse 1)(モニカ・ローソン(Monica Lawson)))が手術室に運んで生死の境をさまよう。
  • トニーはマクギーにキャセロール を作ってやるつもりでいる。(本人談)
  • マクギーがデライラの再手術が終わるのを待っていると、爆発の被害者のカウンセリングに来たレイチェル・クランストンに会い、話をする必要があれば連絡するように言われる。
  • NSA分析官のソフィア・マルティネス(Sofia Martinez(アラナ・ユーバック(Alanna Ubach )))のもとを訪れたトニーとビショップは、NSAがベンハム・パーサーの妹のハイアット・パーサーを 2007年から監視しており、兄妹はとても親密だったにも関わらず今は表向きは疎遠になっているが、公衆電話を使って暗号で会話するなど今でも慎重に連絡を取り合っているという情報を得る。
  • NCISのオフィスに来たレイチェル・クランストンに、その席に座っていた前任者 2人を知っているが、そこはとても良い席だと言われたビショップは、代わりが務まらないほど 2人の存在は大きいと弱音を言うが、前任の 2人はきっと ”周りの 3つのデスクほど頼もしいものはない” と言うはずだとレイチェル・クランストンは伝える。
  • トニーはマクギーにキャセロールを作ったと言い、自助グループで思いやりが大切だと学んだと言う。
  • 妹のハイアット・パーサーが兄のベンハム・パーサーに電話したことを探知したマクギーが、ベンハム・パーサーの居場所を特定してチームが踏み込んだものの、ベンハム・パーサーがアジトから逃亡する際に車の運転をしていたバシール・マリク(Bashir Malik(ラヴィ・カプール(Ravi Kapoor)))の身柄を確保できただけで、ベンハム・パーサーはすでに逃亡ており行方はつかめない。
  • レイチェル・クランストンはギブスに、デライラは金属片で脊髄が切れて体が麻痺してしまい、動揺したマクギーがデライラが目覚める前に病室を出てしまったことを告げ、これほどの逃避行動は危険信号だと言う。
  • 仕事がしたいと言ってきたマクギーに、ギブスは今の状態では無理だと言い、デライラと本音で話をするように言い聞かせる。
  • マクギーはデライラの病室に行って今の状況に正面から向き合う。
  • 病院に来てくれたギブスにマクギーは、明日出勤してみんなに報告すると言い、そして少し話がしたいと椅子に座り、2人の間に静かな時間が流れる・・・。
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM