NCIS:NAVY DATA ROOM

フラッシュバック (Date with Destiny)

シーズン 15 エピソード 24 通算 第354話放送日 2018-05-22(US)
  • 今夜、スローンデライラにオンラインで紹介されたシカゴに住むレイと初めて会うことになっている。
  • ギブスは亡くなった妻のシャノンの誕生日を祝うため墓地を訪れる。
  • 墓石には『Shannon 1955 - 1991、 Kelly 1982 - 1991』と妻と娘(ケリー)の名が刻まれているが、すでに『Leroy J 1954 -』と、自身の名も入れてある。
  • ヘッドホンで大音量の音楽を聴いているためパーマーが近づいたのに気づかなかったケイシーだが、肩に手を置かれると護身術でパーマーの手をひねって倒す。
  • マクギーは子どものころ、任務で長く家を空ける父の帰りを指折り数えて待っていた。(本人談)
  • スローンはデート中、相手が気に入って楽しそうにしていたところ、途中で隣りにいる男の声を聞くと何かに気づき、男の顔を確認したかと思うとマサウーンと呼んで襲いかかるが、店員に制止されて男を逃してしまう。
  • 連絡を受けたヴァンス局長が駆けつけると、そこには被疑者として警察に拘束されたスローンがいた。
  • スローンは、男はアフガニスタンでウインゴス部隊が拷問を受けた時のリーダーだと言うが、ヴァンス局長はマサウーンは数年前の空爆で死に、その死体もスローンが映像で確認したはずだと言う。
  • スローンが聞く耳を持たないため、ヴァンス局長はマクギーを呼び、昨夜スローンが食事をした店の監視カメラ映像の入手、クレジットカード履歴とテロリストとの照合を極秘で命じる。
  • ケイシーが店内の映像を確認しているところにギブスが現れ、クレジットカード情報と合致した男の顔も知られてしまう。
  • 調査によると、昨夜の店で会った男はナイジェル・ハキーム(Nigel Hakim(ペジ・ヴァーダト(Pej Vahdat )))といい、今回は大使館の来賓あつかいとなっているため外交特権で守られていることが判る。
  • ヴァンス局長はスローンが謝罪するという名目でシビル・リグ次席大使(Sybil Rigg(アレクサ・ハミルトン(Alexa Hamilton)))を呼ぶと、面会したスローンは彼がマサウーンだと確信するが、ナイジェル・ハキームは否定し、治療することを勧めると言い残して帰っていく。
  • ギブスは海兵なので指揮系統を尊重する。(ダッキー談)
  • ケイシーの態度を不審に思ったギブスが話を聞きに来ると、スローンは背中の傷を見せ、アフガニスタンで 9カ月間の拷問にあったこと、マサウーンは数週間でウインゴス部隊が情報を持っていないことに気づいたが、面白半分で拷問を続けたこと、部隊で紅一点だったスローンに目をつけ、次にウインゴス部隊の誰を殺すのか選ばせたこと、最後にはスローン以外すべて死んでしまったことを話す。
  • それから何日か後にヴァンス局長が率いる部隊が救出に来てくれたので彼には大きな借りがあると言う。(こぼれ話参照
  • マサウーンを仕留めれば楽になるというローンに、ギブスは妻と娘を一度に失ったこと、犯人を追い詰めて狙撃したことを話し、しかし胸の痛みは今も消えていないと告げる。
  • ヴァンス局長が調べたところ、マサウーンは空爆で死んだとされていたが、実は遺体のDNA鑑定をしていなかったことが今になって判る。
  • ヴァンス局長はスローンの主張を裏付けるため、局長室で面会した際に録音しておいたナイジェル・ハキームの声をウインゴス部隊と共に拷問された元大尉に聞かせ、ナイジェル・ハキームがマサウーンだったと信じる。
  • ロンドンに向けて飛び立とうとするナイジェル・ハキームを銃を持ったスローンが追う。
  • 事情を知らされたギブスのチームがスローンを追い、空港で合流して自家用ジェットを調べるが、直前にフライトをキャンセルして別の空港から出発していたことが判る。
  • ロンドンに向けて飛び立った飛行機にはヴァンス局長が拘束されており、ナイジェル・ハキームは英雄を見つけた、よくも兄弟たちを大勢殺してくれたと言い放つ。
  • to be continued...
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM