NCIS:NAVY DATA ROOM

忍び寄る影 (Patriot Down)

シーズン 07 エピソード 23 通算 第161話放送日 2010-05-18(US)
  • ジヴァは今週、筆記と口語の市民権の試験を受けることになっている。(本人談)
  • アナポリスの海岸で焼死体が発見され、それが NCISロサンゼルス支局の元リーダー、ララ・メイシー捜査官だと判る。
  • ララ・メイシーは昨年ロサンゼルスのオフィスを離れてマルセイユの防衛部門に異動していた。
  • ハート弁護士が NCISのオフィスに来て、メキシコから移送したペドロ・ヘルナンデスの遺体の返却を求める。
  • ヴァンス局長アビー、メキシコ司法省のアレハンドロ・リヴェラが電話会議を行ってペドロ・ヘルナンデスの遺体の返却を決定するが、調査結果の報告書はアビーがさらにチェックする必要があると言い、数日後に提出することになる。
  • ギブスマクギーがララ・メイシーの実家に行くと、何者かが先に訪問しており、昔の捜査メモを持ち去っていた。
  • 持ち去られた捜査メモは 1991年 1月から 1992年 2月までに書かれたもので、ギブスとララ・メイシーが同じ基地に勤務していた期間と合致する。(その期間、ララ・メイシーはギブスを調査していた
  • ダッキーはララ・メイシー殺害に使用された凶器がアーミーナイフのケーバー(KA-BAR )1277だと判明したことから、単なる殺人ではなく処刑されたのではないかと推測する。
  • ダッキーは、ララ・メイシーの遺体を目立った所に置いて近しい人物を苦しめる、それはメキシコで一発の銃弾を残すのと同じことで、まるで何者かが 20年前の事件を明るみに出してギブスを追い詰めようとしているようだと言う。(ダッキーはシェパード局長から以前にギブスの過去を知らされ、気づいている)
  • ギブスは、マートン・ベル大佐がハート弁護士を利用して自分を狙っているのではないか、大事な人が死んでいくのはそれが原因だろうと言い、マートン・ベル大佐の居場所をハート弁護士に詰問し、メキシコに行くと言っていたことを聞き出す。
  • アビーはギブスがペドロ・ヘルナンデスを殺害した証拠に基づく報告書をどうするべきか悩んでおり、あなたは恩人なので事件の真相を隠してもいい、あなたのためなら何でもする、だからどうすればいいか教えてほしいとギブスに問うと、ギブスはやるべきことは 1つ、報告書のすべてを委員会(メキシコ)に送れと答える。
  • オフィスから姿を消したギブスの行動に疑問を持ったヴァンス局長は、ハート弁護士にマートン・ベル大佐の傭兵組織とギブスとの関わりを問い詰め、マートン・ベル大佐が出所後にギブスの情報を集めていたことを知る。
  • マイク・フランクスの身を案じてギブスはメキシコに駆けつけたが、すでに家は焼かれていた。
  • そばにあった死体がマイクのものかと思い近寄ると、背後からマートン・ベル大佐の傭兵、ジェイソン・ポール・ディーン(Jason Paul Dean(ディラン・ブルーノ (Dylan Bruno)))が現れてギブスに銃を向ける。
  • ジェイソン・ポール・ディーンはララ・メイシー捜査官を殺害していた上、死体はマートン・ベル大佐のものだと言う。
  • そして、誰に雇われているのかというギブスの問いには答えず、銃座でギブスを殴り倒す・・・

サウンドトラック:挿入歌/アーティスト

  • Ain't No Grave / JOHNNY CASH
      
©2021 NCIS:NAVY DATA ROOM